泌尿器科 大和市南林間 内科 座間市 ED バイアグラ 大和市 南林間
花粉症 インフルエンザ  ひばりが丘 小松原

大和市特定健診実施中です!(予約制/9月まで)
9月30日(土)は臨時休診とさせていただきます!

田口クリニックは、南林間中央通りで長年診療していた「くまがいクリニック」を継承し2011年4月に開院いたしました。南林間生まれ、南林間育ち。地域でお役に立てるように、大和市立病院や国立病院機構相模原病院で研鑽を積んでまいりました。専門領域である泌尿器科医として、また地域のかかりつけ医としての役割を果たすべく、地域の皆様に安心してかかっていただけるような、そして長年親しまれる診療所を目指してまいります。病気との付き合いは長くなることもあります。じっくり向き合って共に歩んでいけるようにがんばります。よろしくお願いいたします。

院長  田口 裕基 

専門性を生かした質の高い診療

泌尿器科専門医として質の高い医療を提供したいと思いがあり、大病院の泌尿器科診察室と変わらない設備を備えました。CTやMRIなど高度な検査は幸いなことに勤務地であった大和市立病院や国立病院機構相模原病院で受けることが可能です。大病院よりも待ち時間も少なく、ゆっくり時間をかけてご説明できると思います。何より長い付き合いになることが多い泌尿器科疾患を私がこれからしっかり拝見できるのが強みであり、地域に信頼されている大和市立病院および国立病院機構相模原病院と連携できる体制が田口クリニックには整っています。

火曜日は熊谷治巳先生(旧くまがいクリニック)の診察日です。

排尿のことであればお子様からお年寄りまで

母子ともに心配になるお子様の夜尿症から、年のせいとあきらめていた頻尿まで排尿に関する悩みは年齢を問わず身近にあるものです。
相談して良かったと思っていただけるよう、さまざまな悩みに適切に対応します。

苦痛の少ない検査で身近な泌尿器科を目指します

泌尿器科の検査の中でも膀胱鏡は特に苦痛を伴いました、しかし現在は軟性膀胱鏡が開発され苦痛もかなり軽減されております。苦痛を軽減し通院が苦にならないように配慮して身近な泌尿器科を目指します。

頻尿の大部分は改善できる!

頻尿に悩み、場合により外出や外食、就労まであきらめてしまっている方もいらっしゃいます。頻尿の原因はさまざまですが大部分はお薬の内服や生活の工夫で改善できます。ぜひご相談下さい。

地域の在宅排尿ケアの充実を願って

大和市立病院や国立病院機構相模原病院に泌尿器科専門医として勤務して感じたこと、それは地域の在宅排尿ケアの不十分さです。自宅療養で尿道バルーンカテーテルが留置されたまま過ごされている方が多いのです。身軽に過ごすことが寝たきりを予防し健康で長生きすることにつながります。当院では基本的に尿道バルーンのない状態を目指します。ただし、寝たきりの方は尿道バルーンを留置しておいた方が良いこともあります。尿道バルーンが必要な状態でも、適切な処置や必要に応じて往診を行なってご家族の負担軽減を目指します。

もちろん男性の悩みにも

ED・男性更年期障害・性病といった男性特有の悩みにも対応します。EDについてはその場でお薬をお渡しできる体制を整えています。問診表に記載していただく方式なので、受診目的を声に出すことなく周囲の方に気づかれることなく診察を受けることができます。状況によりスタッフが受診目的を聞く場面があると思いますが、その場合は「問診表に記載します」とおっしゃってください。
LinkIcon詳しくはこちら

間質性膀胱炎/慢性前立腺炎という病気

膀胱の痛みや会陰部の違和感があり、他院で異常なしと言われて診察が終わったり、治療しても効果があまりなかった方はいませんか?
間質性膀胱炎/慢性前立腺炎(=慢性骨盤痛症候群)の可能性が高いと思われます。国立病院機構相模原病院で間質性膀胱炎の治療を多く行なった経験があります。ぜひ受診してみてください。LinkIcon詳しくはこちら

田口クリニック

診療科目:泌尿器科・内科
診療時間:9時~12時 3時~6時半(6時15分受付終了)
休診日:日曜祝祭日 火・土曜日午後
大和市南林間7-25-6
℡ 046(275)3830

火曜日は熊谷治巳先生(旧くまがいクリニック)の診察日です。

田口クリニックへの行き方(名刺).gif携帯google地図田口クリニック携帯用地図

田口クリニック様map.jpg